お知らせ&お役立ち情報お知らせ&お役立ち情報

2018.09.03お役立ち情報

意外と多い!?子育ての助成制度

意外と多い!?子育ての助成制度

 

こんにちは。子育て中FPの岩野です。

さて、今回のお役立ち情報は『子育ての助成制度』についてです。

 

私も子どもが生まれる前から「子育てはお金がかかる!」と覚悟は

していましたが、いざ子どもが生まれてみると、将来の教育費も

想像していた以上に必要だし、日々の細々としたことにも思っていた

以上にお金がかかるのにも驚きました。

それと同時に、自分が妊娠するまではあまり知らなかった子育てに

関する公的な助成制度が色々とあることを知りました。

意外と多くの子育て支援があり、利用する機会がある度に

ありがたいなぁと感じています。

 

1.出産までにママが受けられる助成制度

妊婦健診の助成

毎回の健診費用の一部を自治体が負担してくれる制度です。

1回あたりの助成額は自治体によって違いますが、

無料〜5,000円前後の自己負担額に収まることが多いようです。

補助される健診の回数は14回分が中心ですが、自治体によっては

回数は増減します。

里帰り出産や引っ越しなどで、補助券を発行した自治体とは

違う自治体で健診を受ける場合は、補助券が使えなかったり、

一度検診費を立て替えて、あとで返還されるという場合が

あるので注意して下さい。

(近隣の市町村ではそのまま使えることが多いようです。)

 

出産育児一時金

健康保険に加入している(または被扶養者となっている)方が

妊娠4ヶ月以上で出産した場合、赤ちゃん一人につき42万円の

出産育児一時金が支給されます。

 

通常は出産後に申請すると支給されるのですが、出産前に

「直接支払制度」の利用を申請しておけば、出産一時金が病院に

直接支払われるので、利用者は42万円を越えた金額を病院に支払えば

良くなります。

事前にまとまった金額を用意しておかなくてもいいので、とても助かりますね。

私が出産した時は、本陣痛までに時間がかかり出産するまでに

丸一日病室にいたので、入院費がよけいにかかってしまい、

事前に「直接支払制度」を申請していて良かったと思いました。

 

この他にも会社やパート先で健康保険や雇用保険に加入している

ママさんは、出産手当金育児休業給付金なども受け取ることが

できます。(支給には条件がありますのでご注意下さい。)

 

2.子どもが生まれてからの助成制度

子ども手当

以前のお役立ち情報「教育費はどう貯める?~積み立て額編~」

でもご紹介しましたが、子育ての助成制度として真っ先に

思いつくのが「子ども手当」です。

子ども手当は、中学卒業まで(15歳到達後最初の3月31日まで)の

子どもを養育している方に支給されます。

 

・0~3歳未満の月額は15,000円

・3歳~小学校卒業までの第1・2子で10,000円

・3歳~小学校卒業までの第3子以降は15,000円

・中学生は10,000円

※所得制限世帯(約960万円以上)は5000円

 

この「子ども手当」を利用して、学資保険に加入したり、

学用品を揃えたりしている方が多いようですね。

 

子ども医療費助成制度

自治体が子どもの医療費を助成してくれる制度で、

自治体によって異なります。

ここ袋井市では、小学校に上がるまでは通院・入院の自己負担なし、

小中学生は月に4回まで上限500円の支払いとなっています。

お隣の磐田市は「中学3年まで医療費無料」、また静岡県東部には

なんと「高校3年生まで医療費無料・入院時の食事助成もあり」という

市町村がいくつかあります。(例、沼津市、長泉町等)

(静岡県のHPよりこども医療費市町実施状況一覧を見ることができます。⇒こちら

 

特に1歳前はよく熱を出したり、保育園に入ってからは感染症に

かかったりと、お子さんが小さいうちは病院に行く回数も多いので

助かりますよね。

 

3.教育費の助成制度

高等学校等就学支援金制度(=高校授業料無償化)

教育費に関しても、国の支援が多くあります。

例えば、2010年から実施されていた公立高等学校の授業料無償制度は、

2014年からは「高等学校等就学支援金制度(高校授業料無償化)」となり、

国公私立問わず、高等学校等に通う一定の収入額未満(市町村民税

所得割額が30万4,200円未満)の世帯の生徒に対して、授業料に充てるため、

国において、高等学校等就学支援金を支給することになりました。

これにより公立高校は全額授業料が無料(月額9,900円)となり、

私立高校でも同額補助されています。

つまり公立高校でも私立高校でも年間11万8800円分支援してもらえます。

 

ただし、子ども手当の所得制限が夫婦のうち所得の多い方を基準

にするのに対し、こちらは夫婦合算の世帯年収が約910万円以上

あると所得制限の対象となります。

 

給付型奨学金

奨学金制度の中でも、最も多く利用されているのが

“JASSO(日本学生支援機構)”の奨学金制度です。

今までは貸付型(返済しなければいけない)奨学金のみでしたが、

2017年からは給付型(返済不要)の奨学金も新たに開始されました。

 

対象は大学(学部)、短期大学、専修学校(専門課程)、

高等専門学校4年次のいずれかに進学を予定する生徒です。

高校から推薦してもらえることが条件であり、推薦の対象となるのは

(1)住民税非課税世帯の生徒

(2)生活保護世帯の生徒

(3)児童養護施設等に入所している生徒

などです。

月に2万円から4万円のサポートを受けることができます。

幼児教育・保育の無償化

さらに2019年10月からは「幼児教育・保育の無償化」が

当初の予定を前倒ししてスタートすることも決定しています。

簡単に説明しますと、認可保育サービスや幼稚園、認定こども園の

利用料が、0~2歳児は住民税非課税世帯のみ、3~5歳児は全世帯が

無償化となる方針です。

認可外保育サービスも上限37000円(3歳~5歳)、0歳~2歳は

住民税非課税世帯は上限42000円で保育料が補助される予定です。

2019年10月といえば消費税の引き上げが予定されている時期

ですので、子育て世代の増税時の負担を減らす狙いで、前倒しが

決定したのでしょうね。

 

4.住宅取得の助成制度

子育て世代には、家が手狭になって新しく家を購入したり建築したいと

考える方も多いかと思います。住宅取得の際にも、国や地方公共団体の

支援が受けられる場合があります。

 

自治体の住宅ローン利子補給制度

自治体が、所定の金融機関からの住宅ローンの金利の一部を、

一定期間補助してくれる制度です。

実施している自治体としていない自治体がありますが、子どもが

いるいないにかかわらず、一定の要件を満たしていれば利用できます。

例えば袋井市では、静岡県労働金庫で住宅ローンを借りた場合、

・対象限度額は500万円
・利子補給期間は10年以内
・年率0.6%相当額(最高総額152,400円)

の利子補給が受けられます。

つまり、ローン金額のうち500万円分に対して、

毎年0.6%相当額の利子補給があり、10年間で152,400円の

利子が戻ってくることになります。

詳しくはお住まいの市町村のHP等を確認してみて下さい。

袋井市HP「勤労者住宅建設資金利子補給制度」

【フラット】子育て支援型・地域活性化型

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型は、住宅取得に

対する地方公共団体による補助金交付等の財政的支援とあわせて、

【フラット35】の借入金利を引き下げる制度です。

当初5年の金利が0.25%引き下げられます。

住宅金融支援機構・地方公共団体の双方に予算金額があります

ので、予算に達し次第、受付が終了となります。

一例として子育て支援型の要件は、次のいずれかにあたる場合です。

 

◆若年子育て世帯が住宅を取得する場合

対象となる子育て世帯の要件(子の年齢など)は、各地方公共団体

が個別に定めます。

 

◆若年子育て世帯と親世帯が同居または近居するために住宅を取得する場合

対象となる子育て世帯・親族世帯の家族構成、同居を行う

ために必要な住宅の要件、近居の場合の距離などは、

各地方公共団体が個別に定めます。

 

金利が当初5年又は10年の間0.25%引き下げられる

【フラット35】Sとの併用も可能ですので、これと併用すると、

最大で当初5年間は金利が0.5%も引き下げられるというお得な制度です。

(その後10年までは、【フラット35】Sの金利引き下げ期間が

10年であれば、0.25%の金利が引き下げられます。)

その他詳しい要件は、【フラット35】のHPをご覧下さい。

こちらで連携している地方公共団体も調べられます。

ちなみに静岡県の西部ですと、浜松市と牧之原市でこの制度が使えます。

 

まとめ

こうした公的支援の中には、申請しなければもらえないもの

もありますし、毎年変わったり、新しく追加されるものも

ありますので、妊娠が分かったら早めに市町村のHPや、

会社の健康保険の担当の方に確認しておくといいですね。

 

おまけですが、妊娠してから知ったものの一つに

「しずおか子育て優待カード」があります。

気にして見てみると、お店のレジの周りにポスターや看板が

でている協賛店をあちらこちらで見かけます。

協賛店ではお買い物の際カードの提示で5%割引になったり、

スタンプが2倍もらえたりするお店ごとのサービスがあり、

ちょっと得した気分になります♪

 

この「しずおか子育て優待カード」、平成29年1月から

全国展開されることになったのはご存知ですか??

左上に全国共通マーク(コソダテのマーク)の入った

「しずおか子育て優待カード」を提示することで、

県外の協賛店舗・施設で応援サービスを受けることができます!

従来の全国共通マークが入っていないカードをお持ちの方は、

そのままでは県外で使えないので(県内では今までどおり

優待サービスを受けられます)、事前にデジタルパスポートを

取得しておいて、カードと一緒に提示することによって使えます。

静岡県公式HP「しずおか子育て優待カード」

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〈FP岩野の他のお役立ち情報はこちら〉

教育資金はどう貯める?~必要額編~
教育資金はどう貯める?~積み立て額編~
教育資金はどう貯める~何で貯めるか編~
学資保険はどんな人に向いている?

〈その他のお役立ち情報〉

『住宅ローン金利(毎月更新)&ワンポイント』
『知っておきたい住宅購入の豆知識』
『読んで得するマネー情報』
『知って安心!相続・不動産の話』

 

スマイル・プランニングってどんな会社?

■スマイル・プランニングの想い

スマイル・プランニングとは
住宅購入トータルサポートの強み
不動産売買の相談、仲介の強み
オーダーメイド相続対策の強み
スタッフ紹介

 

■好評配信中!家を建てる前に読んでおいて良かった!

住宅ローンで100万円以上、得するかもしれない
⇒ 後悔しない住宅購入が分かる無料メールセミナー


■お得なマネー情報をいち早くお届け!

当社所属のそれぞれ特色を持ったFPによるメールマガジン
⇒ 生活に役立つ相続・資産活用のお得なマネー情報


住宅購入 / 家計の見直し / マネー情報 / 子育て / FP岩野

お知らせ&お役立ち情報
トップに戻る

無理な営業はいたしません。
お気軽にご相談ください。

Copyright © Smileplanning All Rights Reserved.

pagetop