お知らせ&お役立ち情報お知らせ&お役立ち情報

2018.03.30お役立ち情報

教育資金はどう貯める?~必要額編~

子供の教育費は、いくら必要?

こんにちは。子育て中FPの岩野です。

今回のお役立ち情報では、子育て世代が気になるお話
「教育資金の貯め方」についての第1回目になります。

皆さんはお子様の教育資金、どうやって貯めていますか?

「子どもを大学に行かせるためには1,000万円必要だ」などと
言われていますが、実際にいくら貯めれば良いのでしょうか?

 

1.教育費はいくらかかるのか?~幼稚園から高校まで~

教育資金を貯める上でまず重要なのが、
「いくら貯めるか」
「いつまでに必要か」
「いつ貯めるか」の3点です。
特に「いくら貯めるか」=「いくら必要か」
というのは最初に考えなくてはいけませんね。

まず、文部科学省の「子どもの学習費調査」より、
平成28年度の幼稚園から高校までの教育にかかる
費用を見てみましょう。

 

【全て公立の場合】

年 額 総 額 月 額
幼稚園 233,947円 701,841円 約2.0万円
小学校 322,310円 1,933,860円 約2.7万円
中学校 478,554円 1,435,662円 約4.0万円
高 校 450,862円 1,352,586円 約3.8万円
合 計 5,423,949円

※学校教育費、学校給食費、学校外活動費を含む

 

この地域で一番多いと思われる、全て公立だった
場合で約550万となっています。
高校から私立の場合はプラスで約177万円かかります。

まずは高校まで、学費と習い事などでかかる
一人当たり約4万円の教育費は、月々の生活費から支出したいものです。

 

2.教育費はいくらかかるのか?~大学編~

次に大学でかかる費用ですが、4年間でかかる費用は
進路や通学方法で異なります。
日本政策金融公庫「平成29年度 教育費負担の
実態調査」によると、次のような金額がかかるそうです。

自宅通学の場合

初年度 2~4年目 総額
国公立 約177.7万円 約108.5万円 約503.2万円
私立文系 約254.2万円 約161.3万円 約738.1万円
私立理系 約267.2万円 約180.2万円 約807.8万円

【学費に含まれているもの】
・受験料や入学金などの大学給付金
(入学しなかった大学の分も含む)
・大学の授業料や施設費、教科書代など

自宅外通学の場合

学 費 初年度 仕送り/年 総 額
国公立 約503.2万円 約37万円 約93万円 約912.2万円
私立文系 約738.1万円 約37万円 約93万円 約1,147.1万円
私立理系 約807.8万円 約37万円 約93万円 約1,216.8万円

【自宅外通学の初年度に含まれるもの】
・アパートの敷金、家財道具の購入費等

自宅外の場合は、学費の他に全体の平均で年間約93万円の仕送りをしてい
るので、4年間の総額が約409万円アップします。

仕送りの月額平均額は、約7.75万円ですが、年々減少傾向にあるようです。

 

3.いくら貯めればいいのか?

お金のことを考えると親としてはできれば自宅から
通える国公立大学に行ってほしいものですが・・・。
そうは言っても、将来子どもがやりたいことを
見つけた時に、希望する進路先に対応できるように
しっかりと資金を準備しておいてあげたいですね

先程、高校を卒業するまではその都度かかる教育費の
約4万円を月々の生活費の中から支出しましょう
というお話をしました。

それを大学に入ってからも、今までどおり生活費から
4万円を教育費として支出して、学費や仕送りの一部
にあてたとします。(4年間で192万円)
そうすると貯金しなければならない金額は、
大学時代に必要な額から192万円を引いた金額になります。

 

【平均的な教育資金の貯蓄目標額】

自 宅 自宅外
国公立 約311.2万円 約720.2万円
私立文系 約546.1万円 約955.1万円
私立理系 約615.8万円 約1,024.8万円

※月4万円を今まで通り生活費から支出

 

自宅外の場合は、仕送り額がかなり重くのしかかりますね。

 

4.まとめ

お子様の進学先によっては、大学時代の必要額だけで
1,000万円以上もかかることがあります。

ご自身の経験も踏まえて、
・どのあたりの大学に行くか?
・理系か、文系か?
・奨学金は利用するか?
・仕送りはするか?(いくら)
を考えて、それぞれのご家庭に合った教育資金の貯蓄目標額を考えてみて下さい。

実際、月々いくら積み立てればいいのか、
いつが貯め時なのかについては、
次回の「教育資金はどう貯める?~積み立て額編~」にてお話します。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〈関連お役立ち情報はこちら〉

教育資金はどう貯める?~必要額編~
教育資金はどう貯める?~積み立て額編~
教育資金はどう貯める~何で貯めるか編~
学資保険はどんな人に向いている?
意外と多い!?子育ての助成制度

〈その他のお役立ち情報〉

『住宅ローン金利(毎月更新)&ワンポイント』
『知っておきたい住宅購入の豆知識』
『読んで得するマネー情報』
『知って安心!相続・不動産の話』

 

スマイル・プランニングってどんな会社?

■スマイル・プランニングの想い

スマイル・プランニングとは
住宅購入トータルサポートの強み
不動産売買の相談、仲介の強み
オーダーメイド相続対策の強み
スタッフ紹介

 

■好評配信中!家を建てる前に読んでおいて良かった!

住宅ローンで100万円以上、得するかもしれない
⇒ 後悔しない住宅購入が分かる無料メールセミナー


■お得なマネー情報をいち早くお届け!

当社所属のそれぞれ特色を持ったFPによるメールマガジン
⇒ 生活に役立つ相続・資産活用のお得なマネー情報

 


ライフプランニング / FP業務 / 家計の見直し / マネー情報 / FP岩野

お知らせ&お役立ち情報
トップに戻る

無理な営業はいたしません。
お気軽にご相談ください。

Copyright © Smileplanning All Rights Reserved.

pagetop