お知らせ&お役立ち情報お知らせ&お役立ち情報

2018.10.25お役立ち情報

パパ・ママ必見!今どきの『習い事』事情

今どきの『習い事』事情

 

こんにちは、子育て中FPの岩野です。

今回のお役立ち情報は、お子さんの習い事についてです。

最近は小さい頃から習い事をしているお子さんが多いですね。

 

0歳児からでもママと一緒に参加するベビースクール型の

習い事もよく見かけるようになりましたが、

多くの習い事はレッスンに集中できるようになる

年少からが対象年齢になっています。

うちにも来年幼稚園への入園を控えている娘が

いるため、今、一番気になっている話題です。

 

今回のお役立ち情報では、習い事が人気の背景や、

選び方について書きたいと思います。

 

1.何歳から始める?

年少から入れる習い事が多いことからも、習い事に通う

お子さんの数は4歳(保育園・幼稚園年少)から急増し、

4歳から6歳のお子さんの約8割が習い事に通っているそうです。

そして8歳(小2)からさらに増え約9割となります。

小学校に入学して1年たち、学校生活に慣れてきた頃

でしょうか。

 

こんなに習い事をしている子がいると、

「うちも何かやらせたほうがいいんじゃないかしら」

と焦ってしまいますよね。

 

しかも世界で活躍しているスポーツ選手の多くが

小さい頃から始めたというのも、有名な話です。

例えば体操の内村航平選手は3歳から、卓球の福原愛さんも

3歳から、水泳の北島康介選手は5歳から、テニスの

錦織圭選手も5歳からなどなど。

ますます「早くから始めたほうが上達するんじゃないかしら」

と焦る気持ちにもなってしまいます。

 

 

2.人気の習い事は?

小学生までのお子さんの習い事ランキングは以下の通りです。

1位 水泳
2位 学習塾(くもん等を含む)
3位 ピアノ・エレクトーン
4位 英語教室
5位 体操教室

水泳やピアノは、以前から人気の高い習い事ですね。

塾や英語教室のような学習系の習い事も、水泳や体操教室

のような運動系の習い事も、バランスよくランクインしています。

5位以下は、通信教育、サッカー、書道、ダンス、そろばんと続きます。

 

3.習い事の数、費用の平均は?

習い事をしている子の中での平均的な習い事の数は、約2.3個です。

内訳としては、運動系と文化系を一つづつ、あとは学習系を

プラスするかどうかという感じでしょうか。

習い事をしている子は掛け持ちをしていることが多いことが分かります。

 

一人あたりの習い事に掛ける月々の費用は、

「1万円以上2万円以下」の価格帯が最も多く約26%、続いて

「7千円以上1万円以下」21%

「5千円以上7千円以下」17%となります。

月に3万円以上掛けているというご家庭も5%程あります。

 

一つの習い事で、月額5千円~1万円くらいだと思いますので、

幼稚園や小学校低学年の頃は、1~2つの習い事で約1万円前後、

小学校高学年になると学習系の習い事をプラスして

1万5千円~2万円以下というのが一つの目安かもしれません。

 

4.習い事が低年齢化・複数化している理由

 

では、なぜこのように習い事の開始が低年齢化していたり、

掛け持ちしている子が多いのでしょうか?

 

①少子化の影響

習い事の低年齢化は少子化により、習い事市場の早期顧客の

囲い込み競争が激化したことが一つに挙げられます。

ベビースイミングや、赤ちゃん向けの英会話教室、

音楽教室のリトミックなど、比較的お手頃な料金で

赤ちゃんの頃から遊び感覚で習い事に親しんでもらい、

そのまま大きくなっても続けてもらおうという戦略です。

 

また親側の理由としては、少子化により一人のお子さんに

掛ける期待や教育費がアップし、「できるだけ早いうちから

可能性を広げてあげたい」「色々とやらせてあげたい」

という思いから、低年齢化・複数化しているようです。

 

②学習指導要領の改定

平成24年度からは、中学の体育の必修科目に「ダンス」が加わりました。

これをきっかけに、習い事としてダンスを始める子が増えました。

ダンスは楽器や道具を揃えることなく気軽に始める事ができたり、

発表会などの練習の成果を披露できる場があったり、

他の習い事よりお子さんが楽しんでできる要素が強いので、

人気が出たのでしょうね。

 

また、「英語教育」に関しては、以下のように変わります。

1.2020年、小学校3年生から英語教育がスタート

2.小学校5,6年から教科としての「英語」がスタート(成績がつく)

3.中学校の英語の授業は、基本的に全て英語で行なう

4.2020年センター試験の廃止され、大学入試共通テストへ

(外部検定試験の活用が決定。例えばTOEICやTOEFLなど。

これまでの『読む』『聞く』に加えて、『書く』『話す』も試験にでる)

 

つまり、学校での英語教育のスタートが小学3年生からと早期化し、

中学校や高校での授業もより実践的な内容に変わるということです。

そうなると、「英語も小さい頃から初めた方がいいのではないか」と、

幼児英会話教室に人気があるのもうなずけます。

 

ちなみに、センター試験が廃止後に新しく始まる大学入試共通テストでは、

従来のマークシート式に加え、国語と数学で記述式の問題も出題される

ようになります。

これにより、「自分の頭で考える」という力や、「自分の言葉で表現する」

という力がより試されるようになります。

 

また、同じく2020年から小学校のプログラミング教育を必修化 することも

決定していて、「プログラミング教室」への注目も高まっています。

 

このように、近年では学習指導要領の改定が習い事への影響を与える

ことが少なくないです。

 

③選択肢の増加、情報が手に入りやすい

インターネットやSNSの発達で、情報を発信しやすく、

手に入りやすいという時代も背景にあります。

また、ダンスやプログラミングなど新しい習い事が増えたり、

大型ショッピングセンター内に幼児教室などが次々とできて、

習い事の選択肢が増えたことも一つの要因です。

 

その他、共働きの増加や核家族化により保育園の併設施設での

習い事を利用したり、放課後に家で一人で留守番させるよりはと

習い事を活用する方も増えています。

一方で共働きだと平日に習い事の送迎をするのが難しいので、

土日に通うという方も多いです。

 

5.習い事の選び方・注意点や工夫

①予算を決める

もし、お子さまに習い事をさせたいと思ったら、

まずは『予算』を考えましょう。

習い事の費用は「子どものため」と聖域化してしまいがちです。

しかし、習い事を始めるということは、少なくとも何年かは

毎月の固定費が上がるということです。

 

月々1万円を6年間なら72万円、月々2万円を6年間なら144万円かかります。

そこに、必要な道具や教材、ユニフォームを揃えたり、発表会や大会の参加費や、

遠征費などを合わせるともっと金額はあがります。

これを「教育費の先取りだ」というつもりで、大学費用を貯めるのを

後回しにしていると、それはそのままお子さん自身の将来の

奨学金貧乏に通じる可能性もあります。

以前のお客立ち情報『教育資金はどう貯める?~積み立て額編~』でも

お話しましたが、特に小学校の6年間は、教育費用を貯める

黄金期と言われています。

この期間にどれだけ貯められるかが大事ですので、

本当にお子さんに必要な習い事か、どこまで続けるべきか

というのを見極める必要があります。

②ゴールの設定

習い事を始める前に「どういう状態になったらやめるのか」

を決めておくことも大切です。

子ども自身が『〇年生になるまでやる』『大会で入賞するまで頑張る』

などゴール地点をイメージしてから始めると、途中で投げ出すことも

少なくなりますし、目標を達成したという達成感や自信を味わうことができます。

また、目標を設定することでその都度「習い事を続ける必要があるか」

と考えるきっかけになりますので、不必要な習い事を断捨離するのにも

いい機会になります。

ご家庭ごとに決めた教育資金の必要額、又は『教育資金はどう貯める?~積み立て額編~』

の目標到達額を目安に、教育資金が順調に貯まっているか確認しながら、

習い事を増やしたり減らしたりしましょう。

 

【月々の積立額と目標到達額】

児童手当
(全額貯金)
積み立て
(家計から)
目標貯金到達額
未就園 1.5万円 2万円 3才までに126万円
幼稚園 1万円 2万円 卒園までに234万円
小学校 1万円 3万円 卒業までに522万円
中学校 1万円 2万円 卒業までに630万円
高 校  - 2万円 卒業までに702万円

 

③無料体験・短期講座の活用

習い事をさせたいけれど、「子どもに合っているか分からない」

という方や、「とりあえず楽譜だけは読めるようにしたい」、

「クロールまで泳げるようにしたい」などと予め目標がある方は、

その教室で行われている無料体験講座や、夏休みなどの長期休みで

行われている短期集中講座に参加してみてはいかがでしょうか?

 

体験講座の場合でも、教室によっては何ヶ月かに1回「月○回まで無料」

というようなキャンペーンをやっていることがあります。

短期集中講座は、料金が格安に設定されていることが多く、

「バタ足をできるように」「逆上がりができるように」など、

目標設定がされていることも多いので、

お子さまも集中して取り組みやりやすいと思います。

 

ただ、無料講座や短期講座は、教室が顧客獲得のために開催している

場合が多いので、期間が終わったらどうするか、

というのをしっかりと考えて行くことをおすすめします。

特に新学期が始まる頃や夏休みや冬休みの時期などは、

気になる習い事で開催されていないかチェックしてみましょう。

まとめ

「お子さんのやりたいことをやらせてあげたい」とは、

親としては誰しも考えることです。

ただ、目の前の「やりたい」を優先させたために、将来お子さまが

大学進学するときに「本当にやりたいこと」を諦めさせてしまう

ようなことになっては、悲しいですよね。

「周りがやっているから」ではなく、『うちはうち』という

気持ちで、教育費全体でどのくらい掛けられるのかを考えて

習い事を選択しましょう。

 

 

====================

〈FP岩野の関連するお役立ち情報はこちら〉

教育資金はどう貯める?~必要額編~

教育資金はどう貯める?~積み立て額編~

教育資金はどう貯める~何で貯めるか編~

学資保険はどんな人に向いている?

 

〈その他のお役立ち情報〉

『住宅ローン金利(毎月更新)&ワンポイント』
『知っておきたい住宅購入の豆知識』
『読んで得するマネー情報』
『知って安心!相続・不動産の話』

 

スマイル・プランニングってどんな会社?

■スマイル・プランニングの想い

スマイル・プランニングとは
住宅購入トータルサポートの強み
不動産売買の相談、仲介の強み
オーダーメイド相続対策の強み
スタッフ紹介

 

■好評配信中!家を建てる前に読んでおいて良かった!

住宅ローンで100万円以上、得するかもしれない
⇒ 後悔しない住宅購入が分かる無料メールセミナー


■お得なマネー情報をいち早くお届け!

当社所属のそれぞれ特色を持ったFPによるメールマガジン
⇒ 生活に役立つ相続・資産活用のお得なマネー情報

 


家計の見直し / FP岩野 / 教育資金

お知らせ&お役立ち情報
トップに戻る

無理な営業はいたしません。
お気軽にご相談ください。

Copyright © Smileplanning All Rights Reserved.

pagetop